クレジットカードの換金を自分で行う方法

menu

クレジットカードの換金を自分で行う方法

HOME » 換金方法 » クレジットカードの換金を自分で行う方法

すぐに現金が必要になった際に便利なクレジットカードの換金とは、どの様に行われるのでしょうか。
一般的には、クレジットカードのショッピング枠を利用して決済をした商品を転売するという方法です。
もしくは、業者からキャッシュバックという形で現金を貰うという方法となります。
そんなクレジットカードの換金方法ですが、自分で行う場合には様々な方法から選択することが出来る点が魅力です。
ブランド品の転売、金券の転売など様々な方法がありますが、現在ポピュラーになりつつある電子マネーを使用したクレジットカードの換金方法を紹介します。

電子マネーを利用した換金方法は非常に簡単です。
まずは、クレジットカードを使用して電子マネーにチャージをします。
一部ではクレジットカードでチャージが出来ないタイプもあるため、確認をしてくださいね。
その後、チャージした電子マネーを利用してお店で商品を購入しましょう。
商品の購入後、商品を返品します。
電子マネーに現金を戻すということは不可能であるため、現金で返金をされることになるのです。
これが、電子マネーを利用したクレジットカードの換金方法です。
しかし、購入や返品を申し出るため手間が掛かります。
さらに、数日の間隔を開けなければ、端末操作で取り消しをされるだけであり、現金での返金とならないのです。
3日ほどの期間を開ける必要があるでしょう。

クレジットカードを使用して電子マネーにチャージをした後に、電子マネーで買い物をするという方法。
これは、クレジットカード会社から換金目的での利用を疑われにくい方法でもあります。
電子マネーへのチャージは数万円単位で行っていたとしても不自然では無いためです。
次々と新しい方法が現れるクレジットカードの換金方法。
今後、ますます疑われにくい方法が公開されることでしょう。
しかし、それに伴いクレジットカード会社も監視を強めるはずです。
クレジットカードの換金は、本当に必要な場合にのみ使用するようにしましょう。