クレジットカードの換金をする際の注意点

menu

クレジットカードの換金をする際の注意点

HOME » 換金方法 » クレジットカードの換金をする際の注意点

クレジットカードを換金する場合、自分で行う方法と専門の換金業者へ依頼をする方法の2つがあります。
どちらにもリスクがあり、注意点もあるのです。
実際にクレジットカードを換金する場合、どの様な点に注意をすれば良いのでしょうか。

100%リスクなくクレジットカードの換金を行う事は出来ません。
クレジットカードを換金するという行為自体、法律上は問題になるケースがありませんが、クレジットカード会社の利用規約違反となります。
理由は、一括、分割払い問わず、支払いを行うまで購入商品の権利はクレジットカード会社にあるためです。
これは利用規約に記載されています。

もしもショッピング枠を換金したことが知られた場合や、換金の可能性がある場合はペナルティを受けることになるのです。
クレジットカードの使用停止や、悪質であると判断された場合にはカードが解約となります。
注意点は、規約違反である事をしっかりと認識しておく事。
さらに、換金を疑われて連絡が入った場合には、しっかりと対応をする用意をしておく事が必要です。

カード会社に疑われないようにするためにも、クレジットカードの換金は業者を通して行うことがおすすめです。
自分で行う場合、商品を購入して転売をする手間がかかります。
また、現在では換金率の高い金券は、クレジットカードで購入出来ないものも増えているのです。
反面、金券では無くても換金率の高い商品を選ぶことが出来た場合、業者よりも高い換金率で現金を手にする事が出来るチャンスもあります。
プレミア商品などを購入する事が出来た場合、換金率は100%を超える可能性もあるのです。

メリットとデメリットがありますが、換金業者の利用であっても自分で行う場合であっても、カード会社に疑われないようにしなければなりません。
注意点は、換金率の高い商品を多数購入しないこと。
また、業者を利用する場合には悪質な業者ではないか、しっかりと調べてから申し込みを行うことが大切です。