クレジットカードの換金は危険?

menu

クレジットカードの換金は危険?

HOME » 換金方法 » クレジットカードの換金は危険?

クレジットカードの換金とは、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を作る方法です。
クレジットカードの換金に関する危険性を理解するために、まずは換金のシステムを認識しておく必要があるでしょう。
クレジットカードのショッピング枠を換金するためには、主に2種類の方法があります。

1つ目が商品買取方式と呼ばれる方法です。
商品買取方式とは、クレジットカードの通常決済で商品を購入し、購入した商品を換金業者に買い取ってもらうという方法をいいます。
簡単にいえば、転売です。
手続きも非常にシンプルであり、クレジットカードを所持していれば問題なく換金できるでしょう。
ただし、商品買取方式には換金率があるため、100%換金されることは無いのです。

2つ目がキャッシュバック方式と呼ばれる方法です。
換金業者から商品を購入することによって、現金を貰うということ。
どちらの方法も、一般的な買い物をする作業と変わりはありません。
そのため、非常に手軽に行うことが出来るのです。

クレジットカードの換金については、この手軽さが危険でもあります。
換金率は、平均すると80%前後です。
つまり、約20%は業者の利益になるのです。
1度の取引で20%の手数料がかかるなどということは、消費者金融の金利に置き換えると法外な金利になります。
高額な手数料がかかる方法であるということに気が付かず、手軽さだけで利用することは危険であるといえるでしょう。

また、クレジットカード利用停止のペナルティを受ける可能性があります。
換金目的の利用は禁止されているため、万が一クレジットカード会社に気がつかれてしまえば、カードは利用停止となります。
そのまま換金目的であると断定されてしまえば、カードの強制退会という措置もあり得るのです。
非常に危険性が高いということを認識しておく必要があります。
危険を冒してでもクレジットカードの換金を行う場合には、悪質な業者にも注意をしましょう。