クレジットカードとカードローンの違いとは?

menu

クレジットカードとカードローンの違いとは?

HOME » 換金方法 » クレジットカードとカードローンの違いとは?

クレジットカード、カードローンというワードは耳にしたことがあるはずです。
しかし、クレジットカードとカードローン両者のサービスを比べてみると、大きく異なる部分があります。
その違いを見てみましょう。

そもそも、クレジットカードとはクレジットカード会社が発行しているカードを指します。
買い物をしたり、キャッシングをしたりといった日常の中で利用するカードですね。
カードローンのカードとは、銀行や消費者金融会社が発行しているカードを指します。
発行元から大きく異なるのです。

カードローンは融資商品となるため、現金を借り入れることがメインのサービスです。
クレジットカードは商品を購入する場合に利用します。
カード会社が一時的に、決済代金を立て替えるというサービスです。
お金を借り入れるということではありません。
しかし、カードローンとクレジットカード両方のサービスを提供している業者が存在します。
それは、CMでもお馴染みの大手消費者金融会社である「アコム」。
アコムのみ、「ACマスターカード」と呼ばれるクレジットカードを発行しているのです。
このクレジットカードは、盗難保険以外は付帯していないという少々珍しいタイプのクレジットカードです。
クレジットカードの利用とカードローンの利用、両方を利用したい場合にはアコムの「ACマスターカード」の申し込みを検討してみても良いでしょう。

カードローンは、クレジットカードと比較をすると審査も厳しく時間が掛かります。
少しでも早く現金が必要な場合には、クレジットカードのキャッシングを利用する事がおすすめです。
キャッシング枠を利用してしまった場合、ショッピング枠の利用残高が減るため注意が必要です。
公共料金などをクレジットカード払いにしている場合、しっかりと計算をして利用する必要があります。
それぞれのサービスは異なるものであるため、自分にとって都合の良い方を積極的に利用し、現金を作るようにしてくださいね。