クレジットカード 換金方法

menu

クレジットカードの換金で現金を作る方法

クレジットカードを換金して現金を作る方法とは、どの様に行われるのでしょうか。
一般的には、ショッピング枠を利用して決済をした商品を転売するという方法です。
もしくは、換金業者からキャッシュバックという形で現金を貰うという方法です。
そんなクレジットカードの換金は、カード会社の利用規約に反する行為であり、基本的には禁止されている行為です。

▼ 目次

クレジットカードの換金業者を利用して現金を手に入れる方法

しかし、すぐにでも現金が必要、加えてキャッシングは利用できないという方は、クレジットカードの現金化を利用しなければならない場合もあります。
その様な場合に、安全に行う方法は業者を通すという方法でしょう。
クレジットカードの換金業者を利用して現金を手に入れる方法について、その概要を紹介します。

クレジットカードの換金行為は、消費者金融での借り入れやカードローンとは異なり信用情報に残らない方法でもあります。
ローンを組む予定がある場合や、すでに信用情報に傷が付いており消費者金融やカードローンを利用することが出来ない方に有効な手段でもあるのです。
さらに、借り入れを行うわけでは無いため審査も不要。
そのため、クレジットカードを所持しており、かつショッピング枠の残高が残っていれば、誰でもすぐに換金業者を利用する事が可能です。

換金業者のサービスでは、換金率の他に送金までのスピードも重視されています。
そのため、各換金業者が競うように送金スピードを上げているのです。
最短5分程で送金されるケースもあり、すぐに現金が必要な場面でも非常に便利に利用することが出来ますね。
しかし、この最短入金時間はリピーターの場合であるため注意が必要です。
初回の利用時には、必ず氏名や住所、本人確認が行われます。
その関係で、平均すると30分から1時間ほどの時間がかかる場合があるのです。
換金業者のホームページなどに記載されている最短入金時間は、2回目以降の利用時に期待出来る時間であることを理解しておきましょう。

換金業者に申し込みを行った後は、換金業者が指定する商品を一括払いもしくは分割払い、リボ払いなどで購入するだけです。
換金業者によっては一括払いのみ受け付けている場合もあるため、分割払いを希望する際には事前に確認をしておきましょう。

多重債務にならないように注意しましょう

この様に、手軽に利用出来るクレジットカードの換金ですが、問題にもなっているのです。
クレジットカードの換金によって現金を作る方法は、非常に手軽に行うことが出来てしまいます。
そのため、多重債務になる可能性が高いため注意喚起がされているのです。
クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠を、両方とも使いきってしまうケースもあります。
このような場合、カードの支払い日に支払が出来ない可能性が高いのです。
また、キャッシング枠の利用では金利手数料も必要になります。
そのため、カード会社に支払が出来ず、別の形で借金をすることになるのです。
これが多重債務であり、問題視される理由の1つとなっています。

自分でやる方法と換金業者を通す方法

クレジットカードの換金は、自分でやる方法と換金業者を通す方法があります。
双方のメリットやデメリットも見てみましょう。
自分でクレジットカードの換金を行う場合、商品を購入して転売をする事になります。
これを全て自分で行うため、カード会社に換金目的の利用であると判断されるリスクが高いのです。
特に、キャッシング枠も限度額まで達し、ショッピング枠も限度額まで利用しようとしている場合は非常に危険でしょう。
また、商品の購入から転売という手間もかかります。
時間に余裕がある場合や、少しでも高い換金率で現金を手にしたいという方は自分で行うこともおすすめです。

クレジットカード換金業者を通して行う場合、自分で行う方法よりもカード会社に知られるリスクが低くなります。
すぐに、決められた還元率で現金を手にする事が出来るというメリットもあります。
時間が無い場合や、還元率が80%以下であっても仕方がないと納得が出来る場合、換金業者を通した方が良いでしょう。
換金業者は、24時間対応している所が多いのです。
そのため、自分で行うよりも時間に縛られずに現金を作る事も出来ます。

街中で、クレジットカード現金化などの広告や看板を見たことがある方も多いのではないでしょうか。
しかし、実際に利用したことのある方は少ないでしょう。
これから利用しようという場合、不安もあるのではないでしょうか。
深夜や土日など、すぐに少額の現金が必要になるシーンもあるはずです。
良いイメージのないクレジットカード現金化ですが、その様な緊急の場合に利用できる便利なサービスが、クレジットカードの換金でもあります。
専門の業者で商品を購入し、その後買い取って貰うもしくはキャッシュバックをしてもらうという方法で現金を作るのです。
専門業者を利用する人が多い方法ですが、業者を利用した場合であってもリスクがあるため、自分に合った換金方法で現金を作ってください。